オリザの米油

オリザの米油

  • 米油って何?
  • 健康・美容に良いってホント?
  • おいしいレシピ
  • 取り扱い店舗一覧
  • 販売会社について
  • スタッフブログ
  • 仕入れ希望の方へ
  • お問い合わせ

販売会社について

オリザ油化は創業以来、基幹分野の「米油」はもちろんのこと、
製造過程で得られる副産物を用いた「健康食品原料」「肥料」等も手掛けています。

「食べる、肌に塗る、土に返す」といった原始的な発想で検証し、
自然界の一部として生きる人間のために、
「自然の力」を利用した健康づくりを追究しています。

会社名
オリザ油化株式会社
代表者名
村井 弘道
設立
昭和14年4月
事業内容
食用米サラダ油、医薬品、医薬品中間体、化粧品原料、機能性食品素材、健康食品化成品、肥料、飼料等の製造・販売
資格
【製造業免許】食用油脂製造業、医薬品製造業、食品添加物製造業、飼料製造業
所在地
本社
愛知県一宮市北方町沼田1番地
東京営業所
東京都千代区神田須田町1-24-10 大東京ビル5F
沿革
1939(昭和14年)
岐阜県羽島郡笠松町で岐阜糠油工業所として創立。圧搾法による製造を開始。
1943(昭和18年)
陸軍・海軍の統制協力工場に指定される。
1939(昭和14年)
岐阜県羽島郡笠松町で岐阜糠油工業所として創立。圧搾法による製造を開始。
1943(昭和18年)
陸軍・海軍の統制協力工場に指定される。
1949(昭和24年)
溶剤抽出法を導入。
1954(昭和29年)
岐阜糠油工業株式会社に改組。
1964(昭和39年)
オリザ油化株式会社に社名変更。 一宮工場竣工。
1976(昭和51年)
低温抽出法(NEM)開発に成功。 世界主要国に特許出願。
1980(昭和55年)
ガンマ-オリザノールの製造を開始。 純正玄米胚芽油「タフロン」発売。
1981(昭和56年)
NEM技術の海外販売モデルプラントとしてロートセル型抽出工場竣工。
1982(昭和57年)
NEM特許取得。韓国新養油脂へNEMプラント輸出。
1983(昭和58年)
関連会社(株)アルゴス・(株)システムアシーナ設立。
1986(昭和61年)
中国湖南省・湖北省・四川省等にNEMプラント及びスーパーフィルター輸出。
1988(昭和63年)
ビルマ、PHICにNEMプラント及びスーパーフィルター輸出契約[三菱重工業(株)・(株)吉野製作所と提携]。台湾へスーパーフィルター輸出。
1991(平成3年)
粉体混合から造粒までの一貫生産ラインプラント完成。受託生産開始。
1995(平成7年)
農林水産省中国農業試験場と共同研究の末、GABA富化米胚芽の量産技術を開発、特許出願。
1996(平成8年)
中小創造法認定企業に指定される。
1998(平成10年)
米胚芽油中の微量成分であるトコトリエノールを分画する技術開発に成功。コレステロール低下作用、生体内抗酸化作用を持つ「オリザトコトリエノール®」の名称で発売。「GABA富化米胚芽におけるヒトを対象とした不眠・抑うつ及び自律神経障害に対する効果」を日本食品科学工学会に発表。
1999(平成11年)
シソ種子ポリフェノール、フラボノイド成分に口腔細菌に対する強い抗菌作用を発見。日本細菌学会に発表。 米ぬか、米胚芽からセラミド(スフィンゴ糖脂質)の抽出・分画に成功。美白作用を確認し、「オリザセラミド®」の名称で発売。
2001(平成13年)
「境界域及び軽度糖尿病者における月見草エキスの食事負荷に対する血糖上昇抑制効果」を発表。月見草エキスのアポトーシス誘導作用、美白作用を確認。抗ガン作用を持つと言われているスルフォラファン含有の「発芽ブロッコリーパウダー」、コラゲナーゼ、ヒアルロニターゼ、チロシナーゼ阻害活性を持つ「ライチ種子エキス」、米ぬか、米胚芽からコレステロール低下作用を持つ「オリザステロール」、同じくマクロファージ、NK細胞活性化機能を持つ「米胚芽発酵エキス」を発売。
2002(平成14年)
目の加齢性黄斑変性症予防作用を持つルテインエステル高含有粉末を「ルテイン-P80」の名称で発売。エラスターゼ、コラゲナーゼ、ヒアルロニターゼ、チロシナーゼ阻害作用、メラニン生成抑制作用、及び糖質吸収抑制作用を合わせ持つ総合的美容食品素材「黒米エキス」を発売。ISO9001認証取得。
2005(平成17年)
テオブロミンとポリフェノールを含有し、体重増加抑制・脂肪蓄積阻害・脂肪燃焼促進・脂肪吸収抑制作用を有する「カカオエキス」を発売。フラボノイド配糖体(クエルシトリン)を含み、抗ニキビ・抗シワ・抗くま・美白・抗炎症作用を有し、メラニン合成を抑制する「キウイ種子エキス」を発売。また、優れたコレステロール低下作用を有する「オリザトリテルペノイド」を発売。
2007(平成19年)
本社新社屋、新工場完成。東京都千代田区神田須田町に東京営業所を開設。
2008(平成20年)
抗肥満作用、セラミドやヒアルロン酸の合成促進、メラニン産生抑制を有する「イチゴ種子エキス」を発売。昆布由来のカロテノイドで、抗肥満作用、メタボリックシンドローム改善作用、メラニン産生抑制をはじめとする美容効果を有する「フコキサンチン」を発売。
2009(平成21年)
経済産業省、元気なモノ作り中小企業300社「日本のイノベーションを支えるモノ作り中小企業分門」に選定される。 日本健康食品規格協会(JIHFS)より、「健康食品GMP適合認定」認証取得
愛知県、「愛知県ブランド企業」の認定を受ける。
2010(平成22年)
美容食品素材「桜の花エキス」を上市。日本の伝統美と抗糖化作用による アンチエイジング作用を訴求。

「愛知県ブランド企業」認定

ものづくり王国と言われる愛知県では、県内製造業の実力を広く国内外にアピールし、愛知のものづくりを世界的ブランドへと展開するため、県内の優れたものづくり企業を「愛知ブランド企業」として認定しています。人々の健康に貢献する安全な食品・化粧品素材を世界に提供している企業として認定されています。

「いちのみや食ブランド推進協議会」認定

一宮商工会議所が平成22年に設立。一宮市を中心とする西尾張地域の農水畜産物やそれらを使用した商品を「いちのみや食ブランド」として認定し、商品のPR活動を行っています。弊社サラダ油、玄米油が認定をされています。